MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

側弯症の紹介

両親が最初に尋ねる側弯症についての質問
小児に影響を与える側弯症にはいくつかのタイプがあります。圧倒的に多いタイプは特発性です。特発性とは原因がわからないことを意味しています。特発性側弯症は幼児と小児に発症しますが、大半は10歳から成長が終了するまでの間に発症します。

特発性側弯症とその他の側弯症との違いは何ですか?

特発性側弯症
特発性側弯症とは原因がわからないことを意味します。側弯症の多くの症例(80%から85%)における発生原因は未だしっかりとはわかっていませんが、家族内発症の傾向があることは明らかです。側弯症は風邪のように他人からうつる疾患ではなく、予防するための手段や方法はありません。

先天性側弯症
先天性側弯症とは、生まれた時点に存在する状態を意味します。先天性側弯症は出生前の脊椎形成時期にすでに生じています。椎体の一部(または、さらに多く)が完全に形成されない、または、適切に分節化しなかったことにより生じます。このタイプの側弯症では心臓、腎臓の問題や、その他の病的状態、も合併している事が少なくありません。

神経筋原性側弯症
神経と筋肉に影響を与えるほとんどの病態が脊柱側弯症を発症する可能性があります。主な原因は筋肉のアンバランスや弱さにあります。この中には脳性麻痺、筋ジストロフィー、および脊髄損傷などが含まれます。

A)胸椎右凸の特発性側弯症を有する思春期の患者
B)肋骨隆起は前屈姿勢により顕著となります
C) レントゲン写真で胸椎右凸側彎がはっきりわかります
Courtesy of Texas Scottish Rite Hospital for Children.

思春期側弯症はどの程度深刻な状態なのでしょうか?
思春期側弯症は生命を脅かす疾患ではなく、ほとんどの彎曲は深刻な問題にはつながりません。しかし、彎曲が大きい場合には、成長に影響を及ぼしますこともあります。

彎曲が本当に大きくなると、心臓や肺の病的状態を引き起こす可能性があります。非常に厳しい弯曲は、神経根、または脊髄を圧迫し、麻痺を生じさせる可能性がありますが、これは大変まれと言えます。適切な治療を行うことで、このような厳しい程度に進行することを防ぐことができます。

脊柱側弯症は、背中の痛みを引き起こしますか?
思春期側彎症は、通常は背中の痛みの原因とはなりませんが、大きな弯曲では不快感の原因となるかもしれません。背中の痛みがひどい場合、手足の力が入りにく場合、しびれがある場合などは医師に相談してください。

彎曲は自然に矯正されますか?
特発性側弯症の弯曲は自然矯正されることはありません。多くの子供たちにおいて治療を必要としない程度のわずかな彎曲が存在しています。これらの症例では、子どもたちは通常の生活を送り成長しますが、その小さな弯曲が無くなることはありません。.

大きな弯曲が未治療であった場合、側弯が進行しないことが最も望まれます。これはその子供がその時点でどのくらいの成長能力を残しているかに掛かってきます。ほぼ成長が終了した時点で、多くの側弯はその進行が停止します。子供の背骨がまだ成長している場合では、以後に側弯が進行する可能性が高くなります。

脊柱側弯症の悪化を防ぐために何ができますか?
特発性脊柱側弯症の進行に影響を与えることができる治療法は装具療法と手術療法だけです。理学療法、電気刺激、カイロプラクティック、または他の方法がちまたにはありますが、脊柱側弯症の進行を抑えることができたというエビデンスは存在しません。

私の子供は運動やスポーツに参加することは問題ありませんか?
特発性側弯症を持つ子供達は、側弯に関連した腰痛を持っていない限りあらゆるスポーツに参加することができます。子どもたちが運動をすることは、健康を維持するためにも必要です

私の子供は普通の生活を送ることができるでしょうか?
大丈夫です。手術を必要としない軽度から中等度の側弯症があっても、側弯症がない人と同じ活動やスポーツに参加することができます。活動の制限はほとんどありません。

同じことは、脊柱側弯症の手術を受けた人にも多くの場合に適用されます。脊柱側弯症の手術をしていない人と同じ仕事に就くことができます。通常、手術前と同じスポーツを行うこともできます。しかし、新たな活動(仕事やスポーツ)を開始する前に、特に制限があるかないか、を医師に確認してください。

脊柱側弯症の原因についてのよくある質問

脊柱側弯症は、家族で遺伝しますか?
はい。思春期特発性側弯症(AIS)患者の約30%に脊柱側弯症の家族歴があります。現在、この遺伝子に関する多くの研究が行われています。

私が脊柱側弯症の場合は、子供たちも側弯になるでしょうか?  
最近の研究で、両親が側弯症の場合は3人に1人の割合で子供も側弯症であることが分かってきました。脊柱側弯症は、ある一部では遺伝子疾患と考えられていますが、どの遺伝子が側弯を引き起こすかについては正確にはまだ分かっていません。

特発性側弯症のための遺伝子検査はありますが、それはある特定の人種に限ったものです。この検査は、側弯が悪化し装具療法や手術治療が必要になる可能性があるか否かを予測するためのものです。この検査が自分の子供たちに側弯が遺伝するかどうかを予測するためにも使用できるかどうかについてはまだ何とも言えません。

子供の悪い姿勢が側弯症の原因ですか?
いいえ、悪い姿勢により側弯が発生することはありません。もし子供がどちらか片側に傾く傾向にある場合は、側弯がその子の悪い姿勢の原因になっているかもしれません。

脚の長さの差が側弯の原因や悪化の要因となりますか?
通常は脚の長さの差は、側弯症の原因にはなりません。しかしながら、脚長差が大きい場合は、特発性側弯症を悪化させることがあります。このような場合には補高靴を作成することが推奨されています。

脚長差が原因で体幹のバランス不良を生じている可能性がある時に、X線を撮る際補高靴がその補正に役立ちます。

スポーツ活動や重いバッグは側弯症の原因となるのでしょうか?
スポーツ活動や重いバックが原因で、脊柱側弯症を生じたり弯曲を悪化させることはありません。しかしながら、重いバックパックが腰痛の原因となることはあります。背中の痛みが存在する場合は負荷を軽くすることをお勧めします。子供たちは両肩の上にストラップがあるタイプの軽量バックパックを使用することをお勧めします。

外傷と側弯症は関連していますか?
特発性側弯症は、外傷が原因ではありません。

自分が側弯にならないように予防できますか?
特発性側弯症の原因は正確には知られていないので、予防することは困難です。

脊柱側弯症のスクリーニングに関する一般的な質問
側弯症は、多くの場合、小児科医の定期的健診で発見されます。

どのくらいの年齢で側弯症のスクリーニングをすべきでしょうか?
何歳でも可能ですが、特発性側弯症では成長のスパート中に発見されることが多い(10〜15才)ので、米国側弯学会(SRS)は、女子は生後10歳と12歳の2回、男子は12か13歳の1回でスクリーニング検査を受けることをお勧めしています。学校健診はスクリーニングとして有用です。

側弯症の子供の兄弟をチェックする必要がありますか?
側弯症は家族で遺伝する傾向があるので、成長のスパート時期(10〜15歳)に、毎年検診して確認することをお勧めします。

早期発見が重要であり、両親でも発見できます。上半身下着の状態で子供の背中を見てください。肩の高さに左右差がある、胸郭の片側が反対側よりも突出している場合は、かかりつけの小児科医に連絡してください。

親が側弯症の子供は、いつごろ検査すべきですか?
側弯症の親の子供たちは毎年、特に成長のスパート時期(10〜15歳)の間には必ずチェックする必要があります。

なぜもっと早く気づかなかったのでしょうか?
多くの場合、彎曲は10代前半までは明らかでありません。子供が思春期で成長のスパート時期になるまで、小さなカーブは気づかれません。側弯症はめったに痛みを起こさないので、より明らかな兆候があるまでは子供も両親も気づかない場合が少なくありません。

さらに、思春期の子供達は恥ずかしがる傾向があります。多くの女の子は自分の身体の二次性徴を意識し、だぶだぶの服を着用する傾向があります。身体の曲線が目立つ身体にフィットした服(水着、Tシャツ)をあまり着たがりません。

また、思春期の子供達は定期的に小児科を受診しないこともあります。

なぜ小児科医が早く見つけてくれなかったのでしょうか?
脊柱側弯症は特に思春期の直前に急激に悪化します。この時期に両親は子供を見ていないことが可能性として挙げられます。

脊柱側弯症の研究に関する一般的な質問

どのような側弯症の研究が、現在行われているのでしょうか?
現在、特発性側弯症の主な研究の焦点は、疾病の原因調査です。

側弯を起こす要因はたくさんあります。現在研究されている主な要因は、遺伝子(遺伝)、軟部組織(骨、筋肉、靭帯、および椎間板)、椎骨の成長の問題、および中枢神経系障害です。

子どもたちは特発性側弯症に罹って生まれてきますか?
真の思春期特発性側弯症の小児は、側弯症の原因遺伝子マーカーを持って生まれてきています。これらの原因となる遺伝子は、正確には知られておらず、研究者はそれらを見つけることに取り組んでいます。

遺伝子検査はありますか?
はい、弯曲が悪化するかどうかを判断するのに役立つ遺伝子検査があります。しかし、この検査は現在のところ一部の患者にしか用いることができません。年齢が9から13歳で、10〜25度の白人の女子です。研究者は、すべての民族、すべての年齢の子供を含めるように検査の改良に取り組んでいます。