MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

側弯症に対する手術治療

側弯症に対する手術に関する一般的な質問
側弯症治療に従事するほとんどの整形外科医は、重度の側弯がある患児(50度以上)において弯曲を矯正し、悪化予防のために手術治療が必要であることに同意しています。

側弯症に対する手術は脊椎固定術です。これは、本質的に〝つなぎ合わせる″という過程になります。基本的な考え方は側彎のある椎骨を再編し、それらを癒合させることで、ひとつの固い骨にすることにあります。
現在使用可能な器具や技術を用いて、側弯外科医は側彎をしっかり矯正することができます。

私は手術を受けるべきでしょうか?
もし、あなたの側彎が50度を超えていれば、成人になっても、多くの場合悪化することが予測されます。これはあなたの背中の変形が大きくなり、肺機能にも影響を与えることを意味します。手術治療が推奨されます。

成長期の患児で、側彎が40度から50度の場合、判断が分かれます。いくつかの要因が、手術が選択されるかどうかに影響します。こうした場合、主治医と十分話し合うべきです。

側弯症の手術の成功率はどれくらいですか?
脊椎固定術は側弯が進行するのを止めるのに非常に有効な方法です。現在では、側彎を十分に矯正することも可能となり、それにより外観も改善します

手術後、私の背骨はどれくらいまっすぐになりますか?
背骨は脊髄を保護していますので、手術する医師は安全な範囲内で矯正します

手術によりどのくらい矯正ができるかは、術前に側弯がどれくらい矯正しやすく柔らかいかによります。言い換えれば、側彎が柔らかいほど、手術による矯正は良くなります。手術前における特殊なレントゲン撮影法(左右に曲げたり、牽引する方法)で、あなたの側彎の柔らかさを評価します。

多くの手術では、手術により側弯は25度以下に矯正されます。特殊な症例を除いて、このような小さな側弯は外から見てもわかりません。

私は側彎に由来すると考えられる背部痛があります。手術によって、疼痛は改善するでしょうか?
手術直後は、手術前よりも疼痛は強いでしょう。しかし、たいていの場合、数週間から数か月で改善します。多くの患者は手術後1年ほどで、手術前よりも背部痛が良くなったと報告しています。

Pre and Post-Op
左図では、2つの大きな弯曲があり、手術適応と判断されます。
右図では、同じ患者の手術後であり、側弯が十分に矯正されているがわかります。
Courtesy of Texas Scottish Rite Hospital for Children.

すべての人間(側彎の有無にかかわらず)には、その時その時で脊椎に関連した症状が生じます。将来的にも全く背部痛が生じないと希望することは現実的ではありません。

脊椎を固定する手術はどのようなものですか?
脊椎固定術では、側彎に含まれる椎骨をまとめて固定することで、一塊の骨にします。これにより、脊椎の一部の成長を完全に止めて、側彎が悪化することを防ぐことが出来ます。

すべての脊椎固定術では、何らかの骨材料を使用します。これは、骨移植と呼ばれ、骨の癒合を促進します。一般的には、小さくバラバラにした骨片を癒合させるべき椎骨間に移植します。こうした移植骨は周囲の骨組織ともに成長し、骨折した骨が治ることと同じような経緯を辿ります。

手術では、骨が癒合するまでの間、金属製ロッド(棒)で脊椎を矯正位にて保持します。ロッドによりスクリュー、フック、ワイヤーなどを連結し脊椎を固定します。実際どれくらいの範囲で脊柱を固定するかは各患者さんの側彎の程度によって異なります。

Bone is scooped out of the iliac crest to be used as a bone graft.
移植用の骨は、腸骨稜から採取されます。

骨移植とはどういうことですか?
骨移植は骨癒合を促進するために用いられます。これにより、骨形成が促進され、それぞれの椎骨が癒合し、一塊の骨となります。

以前は患者さんの骨盤から移植用の骨を採る方法が脊椎の癒合を促進させる唯一の方法でした。こうした移植骨は自家骨移植と呼ばれます。移植用の骨を採骨する際には、別の部位を皮膚切開します。この手術操作により手術時間は長くなり、術後疼痛もひどくなります。

移植用に骨を採取する代わりとなる方法に同種骨移植があり、亡くなった人から採骨します。通常、同種骨は骨銀行から供給されます。

現在、数種類の人工の骨材料が開発されています。

手術はどれくらい時間がかかりますか?
多くの手術は4時間から12時間程度かかります。側彎の重症度と、固定する脊柱の範囲により異なります。

術後の痛みはどの程度でしょうか?
術後の疼痛は、各患者さんで大いに異なります。手術の主な操作は、筋肉をよけ脊椎を矯正することです。これらの操作の範囲や大きさにより疼痛の程度が異なります。

はじめの数日間は、多くの場合激しい痛みを伴いますが、手術後3日目、あるいは4日目には急速に和らいできます。そして、歩行が可能となり、ベッドから寝起きでき、自宅に帰られる状態になります。疼痛は徐々に軽快し、手術後2,3週間で学校に通えるようになります。

軽い疼痛は続くかもしれませんが、手術後3から6週で痛み止めは必要なくなります。

手術後はどのようにして痛みをコントロールされるのでしょうか?
疼痛のコントロール方法は医師や病院によって異なります。多くの場合、PCA(患者さんによってコントロール可能な疼痛コントロール装置)が用いられ、この装置ではボタンを押すと少量の鎮痛薬が、静脈内に注入されます。また、静脈カテーテル(静脈内に留置する小さなプラスティックのチューブ)を、鎮痛薬投与に使う医師もいます。それぞれの医師が使い慣れている疼痛コントロールシステムが、術後において最も安全で信頼される方法と考えられます。

手術後2,3日で、医師は内服可能な錠剤、あるいは液状の薬を疼痛コントロールのために変更します。そのために主に麻薬性鎮痛剤(モルヒネのような薬剤)が処方されます。これらの薬剤は長期間服用した場合、中毒になることが知られているので、自宅へ帰った後はできるだけ早くアセトアミノフェン鎮痛剤に変更することが推奨されています。

フックやロッドは骨癒合が得られた後でも体内に残しておくものなのですか?
固定術でロッドが使用さている場合、通常は除去する必要はありません。しかし、いろいろな理由で抜去が必要となる患者さんはいます。

固定術をすることで、私の背中が固くなり、動かしにくくなることはありますか?
脊椎固定術後、多くの患者さんは十分に背中を動かすことができ、日常生活や有る特殊な種目以外はスポーツを行うことができます。もしかなりの量の柔軟性が必要とされるスポーツを行おうとする場合、それなりに行うには時間がかかるかもしれません。このような場合、背中が通常と変わりないと感じ始めるのに、多くの人達は1年程度かかると考えられます。

私の側弯を固定せずに矯正することは可能ですか?
理想的には脊椎を真っ直ぐにし、正常な動きを維持する方法や道具があれば最高ですが、残念なことに未だそのようなことは不可能であす。脊椎を真っ直ぐに矯正するために金属を設置すれば、手術部の脊柱は動かなくなります。

側弯症手術において、骨癒合が得られない場合には、骨の成長に伴い脊椎を矯正したrodは最終的には破損してしまいます。そのため癒合が得られない場合には何度も繰り返し手術を行う必要があります。

手術の回復に関する一般的な疑問
患者さんの多くは4-10日間の入院が必要で、その後2-6週間学校を休み、2-6か月で通常の生活に復帰します。

退院後どのくらいの期間鎮痛薬が必要ですか?
多くの場合、側弯症術後には強力な鎮痛薬を処方します。患者さんが麻薬系鎮痛薬が必要なくなるまでには術後2-4週間かかります。もし手術前から使用していた場合には中止するのにさらに時間がかかります。

強力な鎮痛薬は長期に服用した場合依存性が出現するため、可能な限り早期に中止するのが望ましいと考えられています。

手術により一生に渡り活動制限が生じますか?
いいえ。多くは好きな活動やある特殊なものを除いてスポーツに復帰することが可能です。

多くは術後約4-6か月で非コンタクトスポーツ(ランニングや適度なウェイトリフティング、エクササイズ)に復帰します。

コンタクトスポーツも含めた全ての活動に復帰する前には脊椎が完全に骨癒合していなければならなりません。脊椎の強固な癒合が得られ、ほとんど全ての活動に復帰できるようになるには、一般的には術後6-12か月を要します。

手術後、歩くことは可能でしょうか?
はい。手術後に理学療法が必要な患者もいますが、退院時には歩行できます。

手術後はいつから復学が可能となりますか?
多くの場合、術後2-4週間は休学しています。通常は軽いリュックを背負えるようになるまでに約4週間かかります。

手術後いつから再び友人と一緒に時間を過ごすことが可能でしょうか
術後に友人が病院にお見舞いに行ったり、退院後自宅に訪問する事は問題ありません。友人と外出した学校行事や映画などに行けるようになるのは、鎮痛薬がを飲むのが必要なくなり、背中をあまり気にしなくなってからです。 (通常は術後約4週間程度かかると思われます)。