MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

早期発症側弯症

手術

成長温存手術

過去には脊椎固定術が早期発症側弯症の一般的な手術方法と考えられてきました。しかし、現在では胸椎の早期固定によって脊椎と同様に胸郭、肺の成長も制限され重度の呼吸障害が生じる事が知られています。そこで、広範囲の脊椎固定を回避すべき幼小児期に変形は矯正するが成長を温存する手術方法が開発され以後改良されてきました。現在では、それぞれ利点と欠点を有するいくつかのオプションがあります。手術方法は一般的には以下に分類されます (1)伸張(distraction)をベースにした方法 (2)成長をガイドする方法 (3)圧縮(compresseion)をベースにした方法