MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

早期発症側弯症

手術

片側骨端固定術

本手術は脊椎の片側の異常な成長を抑制し、もう片側の成長は維持することにより時間とともに側弯が自然に矯正されることを期待して行われます。すべての側弯には凸側と凹側があります(図6)。側弯の凸側で椎骨の成長軟骨を除去し脊椎固定が行われ、凹側では成長し続けると徐々に側弯が矯正されます。しかし、前述したように、このような手術方法は奇形椎を有する先天性側弯症の幼児では結果の予測が困難となります。

Figure 6

図6-片側骨端固定の目的は脊椎の片側の過度な成長を抑制し、もう片側の成長は持続することにより時間とともに側弯を矯正することです