MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

自分の治療法についての選択肢には何がありますか?

側弯症と共に生きる

一般的には、特発性側弯症はある線を越えたひどい症状を引き起こさないため、物理的な活動に関して患者を制限する必要はありません。軽度側弯のある患者さんや医師によって経過観察されている患者さんは、すべての生活活動を制限や怪我のリスクなしで行うことができます。装具療法を行っている患者も同様で、制限はありません。手術療法を行った患者は何をしてよいかを適宜医師から説明を受けてください。