Attention:

close

Please note that the SRS Administrative Offices will be closed Thursday, November, 22, 2018 and Friday, November, 23, 2018. Thank you.

MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

These curves of 82° and 75° will need surgery to restore normal posture
82°と75°の弯曲であり、
手術加療が必要です。
Courtesy of Texas Scottish Rite Hospital for Children.

脊柱側弯症のための治療法の選択肢

側弯の治療オプションには何がありますか?
医師がレントゲン撮影を行い、側弯症の確実な診断を行います。レントゲン写真画像により側弯症の重症度を判断します。

医師は、側弯の程度、弯曲の位置、タイプなどを考慮し治療計画をたてます。患者の年齢は治療を行う上で重要な因子となります。もし脊椎がまだ成長しているのであれば側弯も進行する可能性が高く、治療法の選択に大きく影響するからです。医師は側弯が進行する可能性があると判断すれば、患者に適正な治療方法の選択について説明します。一般的には、側弯の角度が25°から50°であれば保存的な治療が必要であり、50°以上であれば手術治療が必要です。

弯曲した側弯はどのようにまっすぐにもどるのか?
側弯の弯曲は自然に真っ直ぐになることはありません。装具治療は側弯の悪化を防ぎ、手術(矯正固定術)は唯一脊椎を真っ直ぐにする方法ですが、それでも完全に真っ直ぐにはなりません。


弯曲が20°未満、もしくはすでに成長期が終了している場合は、進行の可能性は低いと考えられますが、側弯が進行しないことを6ヶ月ごと、もしくは1年ごとにチェックする必要があります。

何度もレントゲン撮影をおこなうことは将来健康状態に影響をあたえませんか?
レントゲン撮影は側弯進行の経過を見ていく上で必要な検査です。確かに頻繁にレントゲンを撮影することは、何らかの影響があるかもしれませんが、レントゲン画像が必要ではない部位(骨盤部など)に関しては、防御して撮影をおこなうことで被爆を最小限にしています。

治療をしなかったらどうなりますか? 側弯は悪化しますか?
低年齢である場合、側弯が大きい場合は側弯が進行する可能性が高いと考えられます。10歳未満で側弯が35°以上の場合には、治療を行わないと悪化してしまいます。

成長期が終了すれば、弯曲が急速に進行することはまれになります。成長期終了後、側弯が30°未満であれば進行しないとされています。また、50°以上であれば1年間に0.5°から1°程度進行すると言われています。

装具における一般的な質問

Scoliosis Brace
典型的なアンダーアーム装具

側弯症と診断されたら装具は必ず着用するべきでしょうか?
側弯症患者の多くは装具治療をしていません。6人に1人程度の割で思春期に側弯の進行を示す患者がいます。より大きな側弯を認める場合は手術加療によって矯正することが必要です。 側弯の進行が予想される場合は、装具治療を行うことで成長によって側弯が進行することを防ぐことを医師は勧めます。

装具治療の適応は?
装具治療は一般的に側彎が悪化することを防ぐために用いられます。

  • 弯曲が25°から40°程度
  • 弯曲が進行性(5°以上進行する)
  • 成長期である(リッサーサイン0~2)

また、既往歴や家族歴なども考慮して装具治療を勧めます。

装具治療は効果がありますか?
装具治療によって手術が必要な弯曲にならないよう側弯の進行を防ぐことができるといくつもの研究で報告されています。

側弯は装具治療継続していくことで角度が小さくなるでかもしれません。そして、成長期が終了したら、装具治療は終了となります。終了すると、側弯はある程度元の角度にまでは戻ってしまいます。時には装具治療終了後も終了時の角度が維持されることもあります。

装具治療を行っているにもかかわらず側弯が進行してしまうこともあります。

装具治療は有効でありますが、いつ、どのように装具治療を行うことがより有効か、に関してはさらなる研究が必要です。 

どのような装具が必要で、それはなぜでしょうか?
医師と義肢装具士が側弯にあった装具を勧めます。

装具の種類はいろいろな因子を考慮して決定されます。

  • 側弯の部位
  • 側弯柔らかかさ
  • 弯曲の数
  • 椎体の捻れとその頂椎の位置
  • その他の疾患、既往など

医師と義肢装具士が各感謝の生活に合わせた装具を提示します。 その中で両親、患者本人がどのような装具を着用するのか選択します。

A rigid, asymmetrical underearm brace.
硬性装具左右比対称なアンダーアーム装具
Courtesy of Texas Scottish Rite Hospital for Children.

どのような装具がありますか?
大きく2種類あります。プラスチック製の硬性装具と、柔らかい伸縮性のダイナミック装具です。

硬性装具は、体幹(脇から骨盤まで)を包み込みます。装具はマジックテープのついたストラップで締めます。これにより容易に着脱が可能です。

軟性装具は伸縮性のマジックテープのついたストラップを使用し、側弯の形状に合わせパッドで、弯曲部を押します。このため動いてもそのパッドはずれません。

硬性装具、軟性装具どちらも義肢装具士が個々の患者に合わせカスタムメイドします。硬性装具は左右対称なものもあれば、非対称なものもあります。

どのくらいの時間着用する必要がありますか? 夜も必要ですか?
成長期の終了まで必要です。そのため終了時期は個人によって異なります。4から6ヶ月ごとに医師が装具や側弯のチェックをします。

成長の程度、時期、側弯の種類などにより、どの程度の時間着用が必要か判断します。一般的には16時間から23時間です。

夜間寝ていると時のみ着用することもありますが、すべての側弯に適応がある訳ではありません。医師が適切な装具、着用時間をアドバイスします。

装具装着は慣れますか?
装具を装着しながらある程度の運動はできますし、徐々に慣れていきます。服装はルースフィッティングなスタイルのものを選択すると装具を隠すことができます。

医師と相談ですが、運動時など激しい動きをするさいは装具は外すこともかまわないでしょう

もし装具を着用しなかったらどうなりますか?
装具治療は側弯の進行を防ぐ重要な治療方法です。

装具は装着して始めて治療効果がでます。医師が装具治療を勧めたにも関わらず、装着しなければ側弯進行の可能性が高くなります。

側弯が大きくなれば手術によって矯正する必要があります。もしそれらの治療が必要であるにも関わらずな何の治療も受けなければ、側弯進行のリスクは増え続け、将来いろいろな医学的障害、日常生活の制限などの種々の問題が生じてきます。

装具治療にほかに治療方法はありますか?
側弯症治療の専門家は側弯が進行する時期に装具治療を行うことの重要性について理解しています。

インターネットで調べると色々な治療方法が載っています。”側弯は装具治療を行わずに進行を止められます、もしくはもとに戻すことが可能です”などです。装具治療以外の保存的治療には、医学的な根拠は全くありません。

側弯症治療における手術、装具以外の治療方法について
患者さんやその家族の皆さんから手術、装具治療以外の治療の有効性について質問を受けることがよくあります。

理学療法は側弯の治療に効果がありますか?
理学療法が側弯の治療に効果があるということは全く証明されていません。

様々な理学療法で側弯が矯正され、体幹の姿や外見が改善すると報告されてきました。理学療法で外観がまっすぐにみえるようになり、呼吸状態も改善するかもしれないとした科学的根拠を示したものもあります。しかし、経過観察や何の治療もしないことよりも理学療法の方が成長時期に生じる弯曲の悪化を抑制するのに有効であるとする科学的根拠はありません。

もし側弯に以外にも脊椎に問題があれば、医師はその必要性に応じて、理学療法を処方します。

カイロプラクティックは治療の一助になりますか?
急性疼痛に対して、カイロプラクティックは最も効果的な治療法に思えますが、未だ一定の見解はでていません。慢性疼痛は長期間のカイロプラクティックのよい適応とは言えません。

側弯があり、カイロプラクティック治療を選択した患者でも、もし弯曲が進行している場合、脊椎外科医、または神経外科医に相談すべです。

鍼治療は脊椎疾患に対して、治療の一助となりますか?
鍼治療は細い針を用いて、体のつぼを刺激することにより、自発的にエネルギーを生み出し、疾患を治療するとされています。

この理論を証明し、脊椎疾患の治療に役立つとする科学的な根拠はありません。医療保険は通常そのような治療をカバーしません。

ヨガは脊椎疾患に対して、治療一つとして効果がありますか?
ヨガには多くのタイプがあります。基本的に、ヨガはストレッチングや体勢の保持、呼吸訓練により関連する筋肉を向上させると説明されています。瞑想を取り入れているヨガもあります。どれくらいヨガが脊椎の問題に対して効果的かはわかっていませんが、背部痛が和らぐ可能性はあります。また、あなたの健康状態が改善するかもしれません。医療保険に関しては使える場合とつかえない場合があります。

マッサージは脊椎の問題に役立ちますか?
マッサージにより背部痛が軽減するかもしれません。脊椎外科医や神経外科医はマッサージを紹介することもあります。

マッサージには多くの技術があります。施術を受けるマッサージ師が居住している地域で資格があるかどうか、そしてどこで訓練を受けたかを必ず確認してください。保険は一般的にマッサージ治療には適用されません。

ピラティスは側彎や背骨の障害の治療に役立ちますか?
ピラティスは腹筋や背筋を鍛える運動です。また、姿勢や呼吸法に重点が置かれています。エクササイズは状態に応じて上げていくべきであり、背部痛が悪化するようなエクササイズをしてはなりません。ピラティスは重度の背部痛にはむいていないとされています。エクササイズの内容については患者自らピラティスのインストラクターに尋ねることをお勧めします。