Attention:

close

Please note that the SRS Administrative Offices will be closed Thursday, November, 22, 2018 and Friday, November, 23, 2018. Thank you.

MENU
Scoliosis Research Society
SRS: Scoliosis Research Society

Scoliosis Research Society

脊柱変形の患者の最適なケアに捧げ

側弯の原因は何ですか?

側弯の8割前後は「特発性」です。「特発性」とは、「原因不明」という意味です。しかし、この言葉はいまや以前のように全くの原因不明を意味するのではなくなっており、特発性側弯症の原因や自然経過について、私たちはいくつかの共通した認識を得ています。特発性側弯症はしばしば家族内発症し、成長期の身体に遺伝子が重要な影響を及ぼしているという根拠があります。アメリカでおこなわれている遺伝子スクリーニングテスト(ScoliScore)は、成長期の特発性側弯症に関する悪化リスクを評価する際に、臨床所見やX線画像と共に重要なデータであるとして位置付けられています。現在、白人(北米、欧州、東欧、中東の人々)のみで、軽度側弯(25°以下)の9から13歳までの人々に使用されています。この検査の目的は、40°以上に側弯が進行するかどうかを判断することです。しかし、未だこの検査の有用性については、しっかりと証明されていません。

特発性側弯症は各年代にみられますが、思春期早期に最もよく認められます。しかし、この年代の子供達は、自分の体を両親や他の大人たちに見られることに抵抗があり、変形がかなり重度にならないと発見しにくいことが問題となっています。そのため、米国側弯学会(SRS)と米国整形外科学会(AAOS)では、側弯が進行し治療が困難になる前に、側弯を見つけるための学校検診プログラムを推奨してきました。

側弯のタイプの中には、多くはありませんが特発性側弯症とは明らかに異なった原因を持つものもあります。これらには、生下時にすでに存在する椎体奇形によるもの(先天性側弯症)、脳性麻痺のように中枢神経系の異常によるもの、筋ジストロフィーのような筋疾患、Marfan症候群やDown症候群のような遺伝疾患によるもの、などがあります。また、背骨の感染症や骨折のあとに生じる側弯もあります。